適用

仮想通貨デビットカード利用停止に、ワイヤーカード子会社の業務停止命令で

ビットコインが使えるデビットカードを追加する 38357

ビットコイン決済サービス「 coincheck 」を運営するレジュプレスは10月3日、CLO(カードリンクドオファー)などの金融技術を手がけるカンムと提携し、Visaプリペイドカードへのビットコインチャージを開始すると発表した。

ビットコイン(bitcoin)のデビットカードとは?

ビットコイン(bitcoin)のデビットカードは日本国内の企業が発行しているものと、海外の企業が発行しているものがあります。まずは国内で発行されているカードの作り方について、ご説明します。カードを発行している会社によって、必要な手続きや書類は多少異なりますが、一般的にデビットカードはウォレットの残高やチャージの範囲内でしか利用ができないため、与信調査などが必要ありません。そのため、発行の手続きは比較的簡易な物が多くなっており、中にはスマートフォンのアプリでアカウント登録を済ませればバーチャルカード(実際のカードは発行されず、スマートフォンのアプリケーションなどでカード番号のみが発行されるタイプのカード)が発行できるものもあります。その他、実際のカードが発行されるタイプのものでも、氏名、生年月日、性別、カード送付先の住所、メールアドレス、本人確認書類 免許証、パスポートなど の画像があれば、オンラインで簡単に発行の申し込みをすることが可能です。発行方法の詳細については、カードを取り扱っている企業のウェブサイトにも詳しく書かれていますので、そちらを参照ください。 ビットコイン(bitcoin)のデビットカードを利用するにあたって、一般のデビットカードと一番の違いになるのが、税金です。「なぜデビットカードを使用するにあたって税金を気にする必要があるのか」という疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。「 ビットコイン(bitcoin)と税金の仕組み 」というコラムでもご紹介しましたが、ビットコイン(bitcoin)は入手した時の価格と使用した時の価格に差額があり、それが利益になった場合にはその差額部分が課税の対象となります。その為、プリペイド型のカードではカードにチャージを行った瞬間、ウォレット型のカードでは実際にカードを利用した瞬間が利益確定のタイミングとされ、それぞれのタイミングのビットコイン(bitcoin)の価格がビットコイン(bitcoin)を入手した時の金額よりも高くなっていれば、その部分については所得税法上の雑所得に分類され、課税の対象になるのです。 ビットコイン(bitcoin)のデビットカードとは? そもそもデビットカードって何? ビットコイン(bitcoin)のデビットカードについてお話する前に、そもそも「デビットカード」がどんな物なのかご説明します。デビットカードはキャッシュレスで支払いができる決済手段の1つです。クレジットカードに似ていますが、そこにはいくつか違いがあります。最も大きな違いは、クレジットカードが一定期間の利用分をまとめて後払いするのに対し、デビットカードでは決済をするとその都度決済金額が指定した銀行口座から引き落とされるという点です。また、デビットカードでは利用可能額が銀行口座の預金残高に連動して変化したり、支払回数が1回に限定されていたりといった特徴があります。利用方法はクレジットカードと同様で、対応している店舗やサービスで決済方法にカード払いを選択し、あとはクレジットカードと同様に必要な操作を行うだけです。先述したとおり、決済と同時に銀行口座からの引き落としが行われますので、使い過ぎが発生しにくいことや、通帳記入によって何にいくらお金を使ったかなどを確認しやすくなるという特徴があります。 ビットコイン(bitcoin)が利用できるデビットカードとは ではビットコイン(bitcoin)のデビットカードとは一体どのようなものなのでしょうか。ビットコイン(bitcoin)のデビットカードは、一般的なデビットカードと全く同じ使い方が出来るのですが、その支払い原資に法定通貨ではなくビットコイン(bitcoin)を使うことが出来るカードのことです。ビットコイン(bitcoin)と法定通貨のレートを計算し、必要な分のビットコイン(bitcoin)が差し引かれるという仕組みになっています。一番の特徴は、デビットカードを経由することでビットコイン(bitcoin)そのものでは支払いが出来ない店舗やサービスでも利用できるという点です。例えば飲食店での食事代、ホテルなどでの宿泊費、ECサイトでの商品購入など、ありとあらゆるシーンで利用することが出来ます。 ビットコイン(bitcoin)のデビットカードの種類 ビットコイン(bitcoin)のデビットカードには、大きく分けて2つの種類があります。その2つがプリペイド型とウォレット型です。どちらもビットコイン(bitcoin)を使用できることは共通なのですが、決済時にビットコイン(bitcoin)がどこから差し引かれるのかという点が異なります。まずプリペイド型はカードを使用する前にビットコイン(bitcoin)を法定通貨に換算してカードにチャージ(入金)し、チャージの範囲内で決済を行うことが出来るというカードです。デビットカードと言うよりも、プリペイドカードに似ていると言えるかもしれません。一方でウォレット型はビットコイン(bitcoin)が保管されているウォレットに紐付けされており、決済時にはウォレットから決済金額に相当するビットコイン(bitcoin)が差し引かれます。こちらは一般的なデビットカードが銀行口座に紐付いているのととても良く似た形で、事前のチャージなどは必要ありません。

米国ユーザー向けにブラウザ内蔵のウォレットに新機能として追加

英国の London Block Exchange(LBX) は、ビットコイン(Bitcoin:BTC)やイーサリアム(Ethereum:ETH)などの仮想通貨に対応する交換所を開設し、同交換所と連携可能なデビットカード「LBX Dragoncard」を発行する。同カードは、現金引き出しや店舗での支払いに利用できる。サービス開始は年12月の予定。 LBXの交換所は、ポンドまたはユーロを使い、BTCやETHのほか、ライトコイン(Litecoin:LTC)、リップル(Ripple:XRP)といった仮想通貨の購入、売却、交換が可能。ウォレットアプリも用意する。同交換所と連携するLBX Dragoncardは、店舗での支払いに使える。つまり、仮想通貨で口座に入金できるデビットカードという位置付けだ。 なお、Business Insiderの 報道 によると、LBX Dragoncardは英国全域で使えるという。英国領ジブラルタルに拠点を置くプリペイドカード業者Wavecrestが発行するVisaカードだそうだ。

「HCard」暗号通貨をチャージして利用出来るデビットカード

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。