適用

全部わかる【ラスベガスのカジノ】スポット5選|遊び方・マナー解説

シンプルラスベガスガイドカジノ 17870

ラスベガスはアメリカ屈指の人気観光地。ショッピングやショーなどの市内観光、 グランドキャニオン やアンテロープキャニオンに代表される郊外の大自然スポット観光など様々な楽しみ方がありますが、やはり一番人気は カジノ でしょう!

あわせて読みたい観光コラム

LINEでログインした後、LINEトラベルjpを経由して対象の旅行会社サイトで商品を予約すると、購入金額の一部がLINEポイントで還元されます。 ログイン方法はこちら。 カジノの本場ラスベガス。ロサンゼルスやサンフランシスコからアクセスしやすく、ナイトショーやショッピングも楽しめるラスベガスは、はじめてのアメリカ旅行や新婚旅行先としても人気です。 派手で豪華なイメージのあるラスベガスですが、実はアメリカの他の都市と比べると格安で旅行できる街。この記事では、はじめてラスベガスを訪れる方向けに、ラスベガスの平均宿泊費、食事代、カジノの予算についてご紹介します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)。 ラスベガスに6日間行く場合、旅費がどのくらいかかるか見ていきましょう。 日本からラスベガスへの直行便は無いため、アメリカ国内で乗り換えることになります。主な経由地はロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルなどの西海岸。最も近いのがロサンゼルスでラスベガスまで約1時間20分。サンフランシスコからは約1時間45分、シアトルから約2時間半の距離にあります。 航空券の平均的な料金はアメリカ国内で1回乗り換えで往復7~10万円ほど。ハイシーズンでも15万円前後です。 <航空券の相場> 通常:7~10万円 ハイシーズン:15万円前後。

海外観光ページをみる

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です! ラスベガス名物である多くの ホテル では、 1階がカジノエリア になっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、 宿泊客が必ず通る経路 なのです。 客室には冷蔵庫が付いていない ことも珍しくありません。他にも、面白い映画が部屋では見れなかったり、 Wi-Fi回線が遅い 場合があります。

シンプルラスベガスガイドカジノ 19078

ケタ違いの巨大ホテル

カジノときらきらとしたネオン街のイメージが強いラスベガスですが、実はショッピングスポットやスパも豊富でいろんな楽しみ方が揃っています。少し郊外へ足を伸ばせば、果てしなく奇岩が広がる、全く異なった光景を目の当たりにできます。 がっつりステーキから繊細なフレンチなど予算や状況に合わせたグルメが充実しているのも魅力です。 ラスベガスの見どころや定番、おすすめスポットをご紹介します。 注意すること プライバシー保護の観点から、写真撮影は厳禁です。21歳以上であること、常にIDを携帯しておくことが必要です。また、カジノで遊んでいる最中は、アルコールを含む飲み物すべて無料で飲めるスタイルです。飲み物を運んでくれる「カクテルガール」にリクエストしましょう。ただし、チップを渡すことを忘れずに。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。