適用

オンラインカジノは合法か?違法か?問題に結論!【5分でわかる!】

ジャンボリーカジノ適法性 27761

難しい法律の話は後回しにして、まず結論だけ先にお伝えしますと、現在の段階では オンラインカジノは違法でも合法でもありません 。 まず初めに、ざっくりとポイントだけ押さえておきましょう。

【第1週目:Hot Spin】賭け金変わらずクレジット増量中!対象スロットで遊んで、沢山のフリースピンやスピンクレジットに交換しよう。

先に結論を述べておきます。今現在、 日本人が海外のオンラインカジノをインターネット上でプレイすることは違法ではありません。 その根拠についてはいくつかあります。 違法でも合法でもない、という曖昧な言い回しになる理由はここにあります。 現在の日本には、オンラインカジノに関する法律が存在しません。 プレイすることを認めるとも、認めないとも明確にされていない状況です。 賭博罪 は「単純(常習)賭博罪」と「賭博開帳罪」に大きく分けることができます。 前者は賭博をした者を、後者は賭博できる場所や機会を提供した者を罰するための法律です。後者の方が量刑も重いことから、賭博罪は胴元を罰するために規定されたものであると言えます。 この前提に当てはめて考えると、上述した通り オンラインカジノそのものに違法性を問うことはできず、罰することができない以上はプレイヤーを賭博罪に問うこともできない 、ということになるのです。 胴元(オンラインカジノ)が罰せられないのにプレイヤーだけが罰せられる、という構図は妥当ではない、とされています。 以上のことから、 真っ当に運営されているオンラインカジノをプレイすることで違法性を問われることや、摘発されるようなことはまずない 、と言うことができます。 ただし、以下のようなケースも過去にはあったので注意が必要です。

日本でオンラインカジノをプレーすると違法?

Beginner course 入門コース。 大手の オンラインカジノ は、各国政府や自治領からの運営許可証(ライセンス)を受けてオンラインギャンブルが合法とされている海外で運営を行っています。つまりオンラインカジノの運営会社の存在自体にはなんら違法性はないのです。 NetBanQ 事件ではプレイヤーが家宅捜索を受け、スマートライブ事件では逮捕者も出ています。そして、ほぼすべてのプレイヤーは自ら罪を認め略式起訴を受け入れています。ドリームカジノ事件は運営会社が国内にあったという事件であり、意味合いが違います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。