適用

万博整備にカジノマネー 府と市、「IR頼み」鮮明に

リアルマネー夢洲カジノ 6662

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。 横浜と同じようにIR誘致の有力候補地なのが 大阪府 です。実際に大阪はカジノ法案が取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを挙げていた自治体です。 大阪府はIR誘致と万博をセットで考えてきており 、年の万博開催地 として選出されています。 大阪でのIR誘致は順調に進むと思われていましたが、横浜が誘致を表明したことにより、多くの事業者が横浜に転向し、 MGMリゾーツ・オリックス合同チームのみ となっております。 現状では夢洲への交通手段は自動車だけ に限られています。

夢洲のインフラ整備費用はどうなる?

そこも含めて現在どういうところが可能なのか、6 か所プラス試案で示している夢洲、7 か所について現況をご説明をし、次回また現場を見ていただいて、大きな視点からいろいろご議論いただいた上で、我々としての適地での最終的に進めたいというふうに考えています。 世界最大手のラスベガスサンズが撤退したのは 「割に合わない」から。 大阪より何倍も儲かるはずの横浜ですら、割に合わないのです。 ただでさえカジノ事業者の経営悪化が懸念されています。 横浜市でも無理なのに、夢洲は大丈夫なわけがありません。 しんぶん赤旗日曜版 6月7日号 コロナ禍でカジノ・ビジネスは転換点を迎えています。 世界最大手でも日本進出は「割りにあわない」とは,IRカジノというビジネス・モデルはもはや「時代遅れ」。

大阪IR基本構想案の骨子

Kenshi カジノ。 ベラジョンカジノ 銀行送金 メンテナンス。 東大卒 プロポーカー。 スイッチ ヤマダ 電機 抽選。 チケットぴあ 枚数 抽選。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。