適用

伝説の番組がスロットに?爆裂50フリースピン「MILLIONAIRE」紹介 - オンラインカジノガイドサイトHOWCASI

カジノの特徴ミリオネアスロット 15154

インターカジノは世界でも最も歴史があって大きいカジノの一つです。 インターカジノは、「Gambling Online Magazine」のベストカジノ賞を年から年まで6年連続で受賞しています。

mhzgaming.com more Wants To Be a Millionaire の主な特徴

Who Wants To Be a Millionaire(フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア)は、 Big Time Gaming(ビッグタイムゲーミング)社 が提供する6リールの変動ライン制スロットです。従来の スロットゲーム にはない独特のシステムを搭載しており、最大で通りとなりますが、このシステムは過去にご紹介した「 Bonanza 」と基本同一のものとなります。 Who Wants To Be a Millionaire の主な特徴 2。 Who Wants To Be a Millionaire のテーマ 3。 Who Wants To Be a Millionaire のボーナス 4。 Who Wants To Be a Millionaire のワイルド 5。

しんちゃんのオンカジ挑戦記(第43話 愛しのニッキー、ネットワークエラーありがとう♪)

最も特徴的なのが 最大,通りのペイライン を生み出す MEGAWAYS 機能を採用している点です。 基本的には6リールで、1リールに最大7ヶまでのシンボルが表示されます。 さらにエクストラリールというものがスロット下部に表示されており、2列目~5列目までは、通常のシンボル数+1となります。 通常プレイ中にとっては、この中~大シンボルを当てに行きたいところです。 フリースピンに入るまでになるべく軍資金を減らしたくないので、中~大シンボルが何回揃うかによって戦局は大きく変わります。 通常スピン中でも高配当が期待できるきっかけとなるのが、ワイルドシンボルです。 ワイルドシンボルは他の全てのシンボルの代わりになります。 その為、一見揃っていなさそうなシンボルも、ワイルドシンボルの出現により、大勝に化けることもあります。 そして何よりも重要なのがスキャッター(フリースピン獲得)です。 このスキャッターが3つ以上揃うと、フリースピンの獲得となります。 揃う可能性はそこまで高くありませんので、どちらかというと根気強く待つ形になります。 まずは通常スピンですが、最大,通りのペイラインのおかげか、 小さい配当が安定的に続く イメージがあります。 ワイルドシンボルをどれだけ獲得できるかがポイントとなります。

インターカジノの特徴

ミリオネアのペイラインはBONANZAをはじめとするBig Time Gaming社製スロットでおなじみのMEGAWAYSを採用しています。 縦軸のラインはスピンごとに変動し、1ライン最大数は7。 1ラインの図柄数が多ければ多いほど、MEGAWAYSが増え、その数は最大でと破格の仕様です。 スピン停止後、小役が成立したマスは消滅。 消滅した後に空白は下にスライドして、図柄が上から補充されます。 ミリオネアでは、このリアクションの終了が1スピン換算となる仕様です。 フリースピン突入条件は、通常時にスキャッターが3つ以上停止すること。 初期ゲーム数は8ですが、突入直後に始まるギャンブルゲーム次第では、最大50ゲームまで増やせます。 ギャンブルで1問でも正解すると初期ゲーム数10ゲームが保証されます。 しかし、1問目で間違えた場合はフリースピンを失うので注意が必要です。 確実にフリースピンをプレイしたい場合は、選択肢の左にある『辞退する』を選択し、ゲーム数を確定しましょう。 なお、ギャンブルゲームは、テレビ番組の仕様を再現した3つのライフラインが実装されています。 どれが選ばれるかはランダムなので、ライフラインの選択や結果次第では積極的に『辞退する』を活用するのが吉です。 ギャンブルゲームに関しては、1問目の不正解は事故と割り切るのが精神衛生上重要。 スキャッター2個揃い時の演出が続くと、ベット額を増やしたい衝動に狩られますが、グッとこらえ残高の増減速度や小役成立率を冷静に分析するの勝利への近道と言えるでしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。