適用

カジノの控除率(ハウスエッジ)

カジノ控除率賭け麻雀 65937

しかしカジノのゲームは続ければ続けるほど、 意図的に作られたルールと配当からできたハウスエッジが じわじわとあなたの資金を食い潰していきます。

合法・違法を問わない

クラップス は、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けるのは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。 ルーレット は、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字に近いところにボールを落とせると思います。( 昔はズバリ狙えるディーラーがたくさんいた そう)。 バカラ も難しそうなゲームと思いつつ、とっても単純なゲーム。ですがこのゲームは、どちらが勝つかを予想するだけで、ゲームの勝敗にあなたの意思は関係ありません。ですから運に左右されます。オンカジでは、日本人が好きなテーブルゲームがこのバカラです。ハウスエッジの高い【引き分け】には間違っても賭けないように。 そして、ワタクシの好きな ブラックジャック 。これは、確率から計算されたベーシックストラテジーというものがありまして、それを忠実に守ってプレイすれば、ハウスエッジはかなり低いのです。最初は「えー、そんなの信じなーい」と思ってプレイしてましたが、やはり、プレイすればするほどこのストラテジーは「なるほど」と思うようになりました。カードを引くか引かないか、というあなたの意思も勝敗に左右される、腕にも左右されるゲームです。ディーラーがAを持っている時のインシュアランスは無視しましょう。ハウスエッジを考えると、ブラックジャックだったら諦める、とした方が身のためです。 そして、ポーカー。 テキサス・ホールデム はプレイヤー同士の戦いなので、カジノの取り分は勝利した人から勝利金の数%というような場所代のみです。相手の手を読む能力と駆け引きが必要なゲームで、かなり技能に左右されます。 ビデオポーカー に関していうと、実にいろんな種類のビデオポーカーがあり、その種類によってハウスエッジは異なります。 ジャックス・オア・ベター が一番ハウスエッジの低い機種と覚えておきましょう。カジビアンスタッドポーカーなどはハウスエッジが高いので注意。それこそ運に大きく左右されますね。

ギャンブルするなら知っておくべき! ハウスエッジについて

基本として 「控除率」が適用される のは、 ゲームの 勝者に対する配当 からです。 負けた方は何ももらえないのですから、控除することができません。  また、 「控除率」適用の仕方 には、大きく分けて 2通り あります。    [1]あらかじめ控除 されていて配当が行なわれているもの。    [2] 配当を行なう時点で 一定割合の控除 を行なうもの。  [1]は例えばルーレットの 「 赤 ・黒賭け」 のように 「賭け金が 2倍 になる、賭けの成功率が 1/2を下回って いる」 ような場合です。( 0 や 00 があるため)  他のカジノゲームも、ほとんどこのスタイルで控除していますが、期待値の計算が容易ではないため、ここでは詳しい解説は割愛させていただきます。    [2]はライブポーカー(人間同士で行なう生ポーカー)などの場合に適用し、勝者が決まった時点で、 勝ち金のうちの 何% かを控除する といったスタイルです。   <この差は消費税が 「内税」か「外税」かの違い に近いものがあります> 参考までに  [1]に属するゲーム   ルーレット、ブラックジャック、クラップス、カリビアンスタッド、大小など  [2]に属するゲーム   ライブポーカー、パイゴウポーカーなど  ちなみに「バカラ」はプレイヤー側は[1]、バンカー側は[2]と両方の方式を採用していることになります。 前章ではゲームによる控除の仕方の違いに触れましたが、実は 同じゲームでも賭ける場所によって控除率が 「ガラリと変わる」 事も珍しくありません。  そして、その控除率を決めるには、必ず ある基準 があります。  それは、 「賭け枠の 倍率 です」 。  「2倍」の賭けよりも「10倍」の賭けの方が 控除率が 高い のです。    倍率が高いものは、そもそも 発生しづらく 、仮に当たった時の 配当が大きい ため、少しくらい配当を減らされても 嬉しさのあまり、気になりません。 (もちろん錯覚ですが)  配当が付いてから控除されると 損した気持ち になりますが、初めから控除されていると、その事には なかなか気づかない のではないでしょうか?  また、どんなに確率の低いことでも、ある時には 立て続けに発生 することが考えられます。   「宝くじ」 のように 当選本数が決められている のなら心配いりませんが、カジノゲームには そのような事がない ので、ハウス(お店)にも常に 負け続けるリスク が付きまといます。  その リスクを軽減 するためにも、 高倍率の配当は多めに控除 されているのです。  控除率は「低すぎ」ても、また「高すぎ」てもいけません。  「低すぎ」なら 客の有利度が上がり (正しくは不利度が下がる) 、ハウスの 利益を減らして経営を圧迫 しますし、かといって「高すぎ」だと、 客は全く勝てなく なり、二度と遊びに来なくなってしまいます。   「客には勝てる可能性を残しながら、少量でもしっかりと配当控除を行なっていく・・・」 というのがカジノの経営方針です。

カジノ控除率賭け麻雀 21816

ハウスエッジ:ギャンブルで勝つ秘訣|賭け事の仕組みを知って勝率を上げる!

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。