適用

適用

人気カジノゲームゴーストライダスロット

映画アイアンマンの最初のタイトルをゲーム化したスロット このゲームでは、映画同様に、自身が開発したクラスター型ミサイル「ジェリコ」の事と、アイアンマンの成り立ちが表現されています。… 記事を読む

適用

すすめ銀座カジノ

カジノ。まだ日本では聞き慣れない響きの優雅な遊び場。 甘美な空間で、普段とは一風違ったふれ合いがそこにはあります。 そんな雰囲気の一端を、美味しい料理とお酒で更に恍惚な物に。心ゆくまで楽しんで頂きたい。 真の大人の社交場として、日常の中の非日常へ。 アミューズメントカジノバー「パラハ」 銀座、コリドー街にて、皆様を心よりお待ちしております。… 記事を読む

適用

確率事象万円スロット

いいえ、違います。  ちょっと、商店街の福引などによく使われる、いわゆる「ガラポン」の抽選機を想像して下さい。特賞が当たる確率が分の1という場合、抽選機の中には個のはずれ玉 白 と1個の当たり玉 赤 が入っています。抽選に訪れた最初の人が、ハンドルを回し、白玉が出たとします。そのままの状態で、次の人がハンドルを回すとしたら、この人の当たる確率は分の1。最初の人より特賞の当たる確率は高くなります。ところが、ハンドルを回すごとに、飛び出た玉を抽選機に戻すとしたら、どうでしょう。抽選する人が何人いようと、当たりの確率は分の1と変わりません。遊技機の大当たりの確率は、抽選機から出た玉を回すたびに戻すケースと同様、常に一定に保たれる仕組みになっています。つまり、確率分の1というのは、回ごとに当たりが来るという意味ではなく、理屈のうえでは、3万回も抽選すれば、大当たりが回来る可能性が高いという程度のことしかいえません。パチンコやパチスロで遊ぶ場合、はずれが何回も重なったから、そろそろ当たりやすくなっているのではないかとか、逆に先ほど大当たりが来たから、しばらく当たりが来ないのではないかと考えがちですが、1日の営業時間という限られた範囲では、そのような考え方は基本的に間違いです。確率分の1程度の機械でも、回以上はまる可能性はあります。またその反面、回もしない内に大当たりが来たり、数回連続して大当たりが来ることもあるのです。… 記事を読む

適用

宝くじ男心をくすぐるスロット

ニューカレドニアまとめサイト トップ > ニューカレドニア 旅行記 >プチフランスでボンジュール!! さてさて、とりあえずと言ってはだが、ヌメアという街、そしてニューカレドニアの雰囲気を感じ取るべく、半日市内観光に参加をしてみた。ホテル到着が09:30くらいで、観光開始は10:00くらいで、全てバス移動、合計2時間半ほどのオプショナルツアー。 まず最初の観光地は 『マルシェ(朝市)』 。なんてお洒落な響きでしょうか。日本の朝市とは雰囲気が違います。そうココはプチフランスですもの。 写真左:マルシェにて 写真中央:マルシェ近辺の廃れた遊園地。怖・・・。 写真右:FOLの丘より。… 記事を読む