チェック

カナダのブリティッシュコロンビアでカジノスロットに挑戦!-オンラインカジノ体験談 K.M様より

入金ボーナス詳細カナダのカジノ 21763

文字通りオンラインカジノとはオンライン上で運営されるカジノでネットがあれば、 スマホやパソコン1つで気軽に本格的なギャンブルで遊べる のが大きな特徴です。

ベラジョンカジノ ボーナスで稼いだ部分

カリビアンカジノは年1月にオープンした新しいオンラインカジノです。 プレイテック社のソフトウェアのみを採用したシンプルな構成 ですが、信頼性が高いソフトウェアに限定したことでカジノ全般のシステムが安定しています。 カリビアンカジノでは Skype、LINE、メール、チャットによるサポートを24時間体制で用意 しています。 全て日本語対応で、日本人からの需要が高いLINEに対応していることを見ても、日本市場の開拓に力を入れている様子が分かります。 日本語堪能なスタッフが常設しているワケではありませんが、意味不明な回答が返ってくる口コミはあまり見られず安定したサポート体制を用意しているようです。 対応のレベルは相応の水準だと評価できるので、 初心者でも安心して利用いただけます。

オンラインカジノが運営される仕組みとは?

中国系の金持ち友人と一緒にカジノへきた私は、友人がテーブルでサクっとドル 当時のレートで8万円程度 をカジノチップに変えて、ブラックジャックで25ドルずつかけているのをみて、感覚が少し麻痺します。が、「今日は50ドルまでしか遊ばない」と決めていたので、50ドルしか持っていません。25ドルも賭けたら最悪のケースだと、2回遊んだら今日は無一文になります。 前述しましたが、ATMが近くにないのはいいことですね。 金持ち友人はバンバンとでかい金額をかけながら、初心者の私にブラックジャックのルールの説明をしながらサクサクとゲームを進めていき、 あっという間にドルまでにしました。 そこで友人はこんなもんかな、と切り上げます。 やはり、金持ち友人がテーブルで実際の人と対戦していた様子を目の当たりにした後だと、迫力は欠けます。しかし、自分で少し考えてどうするのかを決められるあたりが、 "完全な運任せ"とは異なります。 小額 25セント とはいえ、日本のゲームセンターとは少し違う「カジノ」であることに変わりはありません。少し様子を覗き見して操作方法がわかったところで、私も隣の台に座ってブラックジャックで遊んでみました。 良くも悪くも、勝ったり負けたりを繰り返すので、元金が少なくても長い時間遊ぶことができました。結局、この日は50ドルを握りしめてカジノへ来ましたが、 3時間ほどの滞在で実際に使ったのは20ドル程度でさらに5ドルプラスになりました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。