チェック

GAME DEVELOPERS CONFERENCE 2020

eスポーツオランダカジノ 20528

We reviewed This is 22betに対する先入観なしのレビュー【年度版】。

[特集]スポーツとカネ

このeスポーツの熱気を取り込むために、アメリカのプロスポーツ業界もさまざまな動きを見せている。NFLは昨年7月、オフィシャルゲーム「Madden NFL」を制作・販売している大手ゲーム企業EAスポーツと提携し、公式eスポーツ大会「Madden NFL Club Championship」を立ち上げた。 この大会にはNFLの全32チームが参加。参加ユーザーは自分が好きなチームを選んでオンライン予選を戦い、成績上位者は各チームがスタジアムなどで主催するトーナメントで対決。最終的に各チーム1名、計32名のプレーヤーが決勝トーナメントで優勝を争う。 この取り組みは大きな注目を集めており、NFLとEAは大会の準々決勝から決勝までと、2月2日にスタートした新シリーズ「The Madden NFL Ultimate League」の独占配信権をESPN、ディズニーXDと結んでいる。ESPNは、大会に出場するユーザーに焦点を当てた番組も制作する。ちなみに、この新シリーズNFLのドラフトが開催される4月28日に最終日を迎える。ゲームとリアルのイベントを関連付けて、ゲームユーザー、ゲーム観戦者の関心を高めようという戦略だ。 この動きに触発されたように、2月9日、NBAはゲーム『NBA 2K』シリーズの発売元であるテイクツー・インタラクティブと組んで公式eスポーツ大会『NBA 2K eLeague』を発足すると発表した。年に開幕予定の大会には17チームが参加し、各チームは5名のeスポーツプレーヤーによって構成される。大会形式は実際のプロリーグと同様で、レギュラーシーズン、プレーオフを経て、優勝を決める形式だ。 予備登録選手を含む全選手は、今年1月から2月にかけて行われた世界中の『NBA 2K18』プレーヤーを対象としたトライアウトと、3月に開催されるドラフト会議で選抜。全選手はチームと6カ月の契約を結び、ドラフトの最初のターンで指名された17人は、最初の6カ月間に3万ドル、それ以降の選手は3万ドルの給料が出る。 選手が指名されたチームのホームタウンに引っ越す場合は引っ越しの費用と自宅が提供されるほか、医療保険にも加入できる。また、優勝賞金の万ドルはチームのメンバーで分配される見通しだ。 アメリカで人気の自動車レース「NASCAR」は、eスポーツにいち早く参入。年にレーシングゲーム「iRacing」が発売されると、翌年には提携して、「NASCAR PEAK Antifreeze iRacing Series」を開催してきた。シーズンは18レースが行われ、シャーロット・モーター・スピードウェイ、ソノマ・レースウェイ、ブリストル・モーター・スピードウェイなどのバーチャルコースを走行する。レースの様子はNASCAR。

このクリエイターの人気記事

この中でも大きいのが、プロライセンスの発行と大会の認定だ。プロライセンスの発行は、ゲームタイトル単位。2月10日、11日に開催された日本最大級のゲームイベント「闘会議 」では、6タイトルについて、第1回プロライセンス発行大会を実施する予定だ。 Powered by リゾーム? この件は、国際カジノ研究所所長の木曽氏が書いているコラムやツイッターも見ないと本当の問題点が理解できないですね。 私が大まかに感じた疑問点は、以下の4点です。 1、この件は、eSportsとしてアジア大会日本代表を選抜するために、統一団体が求められたことが発端であるが、選手選抜、育成、強化と、プロ化や高額賞金とは果たして因果関係が存在するのか?女子カーリングは高額賞金無しで銅メダルを獲得したではないか? 2、eSportsのゲームは、スケートや野球など他のフィジカルスポーツや囲碁将棋といった既存テーブルゲームと違い、特定の一企業によってルールが定められており、しかもゲームのバージョンアップが頻繁にある=ルールが頻繁に変わる のは果たしてスポーツとして如何なものか? 3、eSportsのゲームは、ゲームジャンルやユーザー数から必然的に米国企業や中国企業のゲームになるのが火を見るより明らかで、日本のゲームは蚊帳の外となるので認定ゲームは意味をなさないのでは? 3、実態は芸能人の雇用契約と変わらない労務契約のシステム(これ自体は全くの合法)にもかかわらず、「高額賞金」と標榜するのは景品表示法や刑法賭博罪などに抵触しないのか?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。