チェック

【フィリピンカジノ情報】シティ・オブ・ドリームスマニラの特徴を徹底調査してみた

プレイヤーメルコクラウンカジノ 7960

キプロスカジノのゲーミング事業バイスプレジデント、デヴィ・カー Devi Kerr 氏は、「ゲストおよび従業員の健康と安全が最優先だ。C2はカジノ全体でゲストと従業員の健康と安心を守るために包括的な一連の衛生手順を準備している。カジノ再開が、観光業界の強化に寄与するだけでなく、地元経済の回復にも寄与すると信じている」と述べた。

日本の統合型リゾート導入で活躍が期待される世界のカジノ大手

セガサミーグループのカジノ機器メーカー、セガサミークリエイションは11月8日、同社製電子カジノマシン第1号機「SICBO BONUS JACKPOT」がマカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)スタジオ・シティで10月20日から稼動を開始したと発表した。 SICBO BONUS JACKPOTはセガサミークリエイションの独自のカジノマシンのひとつで、マカオではスタジオ・シティと同じコタイ地区にあるヴェネチアンマカオに次いで2店舗目の設置、稼動開始となる。 セガサミークリエイションでは、マシンの特長として、龍の美しい造形と色彩に富んだLEDライトでデコレーションされた全長4メートル超というビッグスケールの筐体、業界初の浮遊するダイス演出を挙げ、明瞭なスクリーンと美しい映像がプレイヤーの全感覚に働きかけ、ハートを掴むとした。また、プレーヤーが卓上のボタンを押すと、他のプレイヤーのBET状況が確認でき、まるでゲーミング(カジノ)テーブルでプレイしているような感覚も味わえるとのこと。さらに、サイドゲームCai Shen Progressive Jackpotでは、サイドBETなしでProgressive Jackpot獲得のチャンスがある仕様となっており、誰もが楽しく、気軽に遊ぶことができるという。 「SICBO BONUS JACKPOT」筐体イメージ c SEGA SAMMY CREATION INC。 近年、セガサミークリエイションは、マカオで開催される国際カジノ見本市へ大型ブース出展を行っており、来週(11月15〜17日)開催される「マカオゲーミングショー(MGS)」にも出展予定となっている。 スタジオ・シティ(資料)=マカオ・コタイ地区-本紙撮影。 Tweets by MacauShimbun。 会社概要 著作権 お問い合わせ 媒体資料 サイトマップ。

WSOP、史上最高の12万3865名のプレイヤーが参戦

Inside Asian Gamingが月曜に伝えた通り、李偉農経済財政庁長官が、政府は当初の15日間という期間を超えてゲーミング産業の強制閉鎖を延長しないと正式に発表したことで、マカオのカジノは今週、2月20日午前0時から再開することができる。 ジェーン・カ・チェン・ウォンは、マカオの現地メディアで長年働いた後、最近Inside Asian Gamingに加わったジャーナリストです。IAGチームの一員として、特に、政治、ゲーミング、IR、地域団体などに関するマカオを中心とした内容を取材します。ジェーンは地域特有の事象や、活気あふれる文化、様々な人々に特に興味を持っており、将来の夢は世界中の新たな場所を訪れ、未知の体験をし続けることです。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。 Trending Tags。 全て インド オーストラリア カンボジア シンガポール スリランカ ニュージーランド ネパール フィリピン ベトナム マカオ マレーシア ヨーロッパ ラオス ロシア 中国 北アメリカ 北マリアナ連邦 日本 韓国 香港。

【チェンクロ3】聖王国追憶戦・地獄級を周回。フローリア引いた

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。