乱数発生器

オンラインカジノ用語集

配当倍率インドネシアカジノ 35784

海外の映画などのワンシーンでよく見られるのが、カジノでルーレットをプレイする場面です。ディーラーがホイールを回転させてそこにボールを投入し、どの番号にそのボールが入るかを予想するというシンプルなゲームです。そして、賭け方によって配当が大きく異なるので、どの賭け方で勝負するのか?がオンラインカジノでルーレットを楽しむ上で重要なポイントとなってきます。賭け方と配当(倍率)は以下のようになっています。当てにくいほど倍率が当然上がります。 【ルーレットの主な賭け方と配当(倍率)】 ストレート(36倍):数字を1つだけ選んで賭ける スプリット(18倍):隣り合う2つの数字に賭ける ストリート(12倍):横一列の3つの数字に賭ける コーナー(9倍):4方向にある4つの数字に賭ける シックスナイン(6倍):横2列にある4つの数字に賭ける ダース(3倍):1~12、13~24、25~36の3つのいずれかに賭ける その他(2倍):1~18 or19~36、赤or黒、偶数or奇数などの2択で賭ける。

この冬は燃える!500回フリースピンキャンペーン実施中

主に アジア (特に マカオ )の カジノ で行なわれている。 なお、比較的類似する ルーレット と異なり、さいころは完全密封された機械容器の中に入っており、蓋(不透明の取り外し可能な外蓋と固定された透明の中蓋の二重蓋。外蓋を外してもさいころに手を触れられるようにはならない)をして機械によりシャッフルし、出目が決定した後にその出目を予想してテーブル上にチップを置くことにより賭け(ルーレットと同様に置く場所によって予想を示す)、その後外蓋を開いて出目を開示する。 マカオのカジノでは最も人気のある賭博の一つであり、ほとんどのカジノに大小の台が設けられている。店舗間や、同一店舗内でも台により異なるが、目の大小を当てる場合の最低賭け金は概ね50 パタカ (またはほぼ等価の50 香港ドル )、それ以外の部分に賭ける場合は概ね20パタカ(または20香港ドル)となっており、マカオのカジノの中では最も少ない元手で遊ぶことができる種目の一つである。ただし、50パタカのテーブルは非常に少なく、ほとんどの台は最低賭け金はパタカ以上に設定されている。

フラワーベット法の賭け方と実践例

還元率とは 「賭け金総額の中からどれだけプレイヤーに払い戻すか?」 という考え方です。 あらゆるギャンブルでは最終的には胴元が勝つようにできています。 これは商売である以上当然のこと。 ですが、あまりに「ぼったくり」だと客が離れてしまい経営できなくなります。 そこで 各ギャンブルはは還元率によって収支をコントロールしています。 「お客さんに儲けてもらいたい!」と考えるなら還元率を上げ、「経営が厳しいのでお客さんには少し我慢してもらおう・・・」と考えるなら還元率を下げるわけです。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。