乱数発生器

ライブ配信での投げ銭サービスは資金決済法の資金移動業に該当する可能性あり!回避法は?【2020年5月加筆】

ライブ配信動画カード現金化 52230

最近、ライブ配信サービスが流行っています。代表的なものが、 SHOWROOM 、 17 Live イチナナ) などがあります。

ネット副業に最適な投げ銭の現金化!本当に手軽にできる方法なの?

引用: 17 Live(公式サイト)。 また、最新の公式リリースによると、 17Liveの累計ポイント数は3。 従来のYouTuberの主な収益方法は、投稿した動画に広告を掲載することで、広告収入を得ることができました。しかし、広告収入は視聴者数やチャンネル数の多さが影響するため、安定した収益化を行うにはそれなりの時間が必要です。一方の 17Liveは、気軽に始められて、なおかつ誰でもトップライバー(高収益の配信者)も目指せる ため、新しいネットビジネスとして注目を集めている理由も頷けるでしょう。 この中でも、やはり ライバーの大きな収入源となるのが2番目の「投げ銭」 です(17Liveでは投げ銭をギフトと呼びます)。一方で、投げ銭以外の収益化方法を知っておくことで、ギフトの収入をさらに向上させることもできれば、ギフト数よりも視聴数というような儲かる戦略の構築方法も変わってくることでしょう。 視聴回数は1,回に対して、ライバーには1ドル(年4月22日のレートで円)の報酬 が支払われます。ライブ配信の平均視聴数が1万回という場合、報酬は10ドルなので、年4月22日レートで約1,円です。つまり、投げ銭がなくても、一度の配信で1,円が受け取れることを指しています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。