乱数発生器

ルーレットのルールを徹底解説【2020年最新】

配当の計算方法フレンチルーレット 4941

ルーレットをより楽しくプレイする為に、まずは各種ルーレットの本質をしっかり把握してく必要があります。それは、各タイプのルーレットのゼロポイント個数に影響される ペイアウト率 言い換えれば、ハウスエッジ 控除率 を抑えていくこと です。

フレンチ > ヨーロピアン > アメリカン

アメリカンルーレットは、インサイドレイアウトに 1~36の36個の整数と"0"と"00" を加えて合計38個の数字で成り立っているものです。 ラスベガスやマカオのカジノでよく使われています。 アメリカンルーレットは ヨーロピアンルーレット や フレンチルーレット にはない00(ダブルゼロ)のポイントが存在します。そのためハウスエッジ(控除率)はヨーロピアンやフレンチと比較して高くなっています。 では、アメリカンルーレットの場合の控除率を考えてみると、例えば、ある賭け方が「アウトサイドベットの赤黒」で赤に1ドル賭けて当たったとき、配当2倍なので2ドルが返ってきます 利益が1ドル これは、本来のルールに従っているわけですが、理論上では別の話となります。 ハウスエッジ 控除率 というのは、簡単に言えば 胴元の利益 のことを指します。 言い換えれば、ある賭けに対して勝った場合、本来理論上もらうべき配当から差し引かれる金額、つまり 手数料 のことをいいます。 ペイアウト率とは、ゲームに勝って理論上もらうべき配当の中からどれくらいのお金が手元に戻ってくるかの指標を指します。別名、 期待値 ともいいます。 控除率とペイアウトとの関係は、「 控除率 + ペイアウト率 =%」が成り立ちます。

オンラインルーレットのプレイ方法って?

ボールの生み出す軽快な音、ディーラーがホイール(回転盤に)ボールを落とす姿と一連の流れが映画のワンシーンのような優雅さで、「カジノの女王」の異名を誇るカジノゲームの花形コンテンツの一つ「ルーレット」。 ルーレットは、ボールが落ちるポケット(穴)を予想するシンプルなゲームですが、プロのディーラーは狙ったポケットにボールを落とせると言われ、運のみならず精神的駆け引き、確率論などが絡み合い、奥が深く勝率をあげるため多くのユーザーが研鑽を重ねているゲームです。 愛され続ける要因として、「知識のないカジノ初心者でも十分に楽しめる」という点があります。 ルーレットは、ホイールに投下されたボールがどの数字に落ちるのかを予想して賭けるゲーム。 次に何が出るかは、誰にも予想することが出来ませんが、赤黒ベットや奇数偶数などのシンプルな賭け方もあるので初心者にもおすすめです。 スポット(ホイールに描かれた数字)は0~36の計37個とヨーロピアンルーレットと同一となっています。 しかし他のルーレットと違い、イーブンベット時に0に入った場合、掛け金は没収されず保留、または半分返還されるというアンプリゾンルールがあり他のタイプよりもお得度が高いとルーレットと言えるでしょう。 オンラインカジノでは、様々な種類のルーレットをプレイすることが出来ます。 中でもライブ配信を利用した「ライブゲーム」は特に人気があり、 世界中のプレイヤーと同じテーブルに付き、リアルタイムでゲームが進行されるので、まるで本場のカジノでプレイしているかのような臨場感を楽しめます。 インサイドベットは0~36までの数字を対象に賭ける方法。 具体的なパターン数は6つあり、当てるのが難しい傾向にあるものの配当金は大きいものが多いです。 レイアウト(ベット対象の一覧)上の外側に賭ける方法が「アウトサイドベット」。 ベット対象が多いのでインサイドベットと比較すると当選率は上がるものの、配当は少なくなります。

ベラジョンカジノのルーレットの種類

ここからの新規登録限定で入金不要ボーナス30ドルプレゼント! 【公式】ベラジョンカジノはこちら。 大きく分けてルーレットには2種類あります。ヨーロピアンタイプのルーレットとアメリカンタイプのルーレットです。 ヨーロピアンルーレットはシングルゼロと呼ばれるゼロ(緑)が1つあるルーレットで、アメリカンのダブルゼロと呼ばれる0と00の二つの緑があるルーレットと比べてRTP(還元率)が高くなっています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。