乱数発生器

教えて!世界のカジノ事情【マカオ編】 世界最大のカジノに成長したマカオのカジノの歴史

アジア各国の選択ニューカレドニアのカジノ 35887

目の前にあるカナール島に決定! コリン・エクスカーションというタクシーボートが出ています! 日本語でも書いてありますね。

マカオに次ぐアジアのカジノ大国

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。 ポイペトのカジノの遊びに来る人の大半はタイ人です。首都バンコクからバスで5時間程度揺られるとそこはもうポイペトのカジノ。マカオへ行くより安く済み、週末などに気軽に来られる距離であることから、バンコク在住のタイ人の人気を呼んでいます。そのため、カジノ自体はカンボジア国内にあるのですが、カジノ内に響き渡る言語はタイ語が中心。そんなところも 「国境」を体で感じさせてくれる ところです。アンコールワット見学のついでに、国境の雰囲気満点のカジノで熱いひとときを過ごしてみませんか? 旅行徹底ガイド 航空券ガイド 現地ガイド記事 たびナレ エイビーガール グルメガイド ショッピングガイド お天気ガイド ツアー一覧 航空券一覧 ツアー人気ホテル。 井伊 誠 カンボジア在住。遺跡以外のカンボジアを旅する本トーマダーの発行人・編集人。王立プノンペン大学外国語研究所にてカンボジア語を学んだ後、人間の暮らしをテーマとして取材活動を開始。お気に入りはカンボジアの広々とした空、ちょっとしつこいカンボジア人のギャグ、バイクでカンボジアの田舎を駆け巡ること、酒の時間。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。